くびれサーキット 20分で体を鍛える

広島市中区基町に2019年9月オープン!
お手軽価格で1日通い放題!〈20分筋トレジム〉くびれサーキット

BLOG

2020.04.28清水 幸一郎

小尻にしたいのにスクワットばかりしていませんか?

 

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの清水です!

 

皆さんの理想な体型とは、どんな体型ですか?

 

○全身がキュッと引き締まった細めの体型
○バランスよく筋肉があり、メリハリのある体型
○全身の筋肉にボリュームがある体型

 

など、それぞれ好みが出るかと思います。

 

お尻の好みも二通りに分かれることが多く、

 

○キュッとしまったお尻
○筋肉がしっかりある大きなお尻

 

この二つで、皆さんの好みはどちらですか?

 

今回は上の、【キュッとしまったお尻】を作る方法をお伝えしていきたいと思います。

 

お尻のトレーニングは続けているのに、なかなかキュッとしまったお尻にならない…とお悩みの方は是非参考にしてみて下さい!

 

認知度の高いお尻のトレーニング

 

最もポピュラーなお尻のトレーニングといえは、[スクワット]ではないでしょうか?

 

「ヒップアップしたいなぁ…」

 

と思ったときに、一番初めに思い浮かべるトレーニング種目だと思います。

 

スクワットは、皆さんのイメージ通り、お尻の筋肉を始め、下半身の筋肉をメインに鍛えることのできるトレーニングです。

 

他にもデッドリフトやランジエクササイズなどの種目も、お尻のトレーニングとしては認知度が高いかと思われます。

 

しかし、今挙げた

 

【スクワット】
【デッドリフト】
【ランジエクササイズ】

 

は、小尻になるトレーニングとして、ベストな選択ではありません。

 

小尻になる秘訣

 

「お尻を小さくしたい」

 

と思うということは、現在のお尻が大きくてコンプレックスになっている証拠ですね?

 

男性に比べて、女性の方がお尻が大きい人が多いのは、骨格の違いが主な原因です。

 

骨盤の形状は男女で異なり、女性の方が横に広く、脚は内股になりやすい骨格です。

 

脚が内股になるほど、お尻の筋肉は伸ばされて緩んでいきます。

 

伸び切ってしまっているお尻の筋肉を縮めることが、”小尻を作る秘訣”です!

 

お尻の筋肉を縮めるトレーニングとは?

 

上で挙げたスクワットなどのトレーニングは、お尻の筋肉を伸ばしながら負荷をかける種目です。

 

もちろん筋肉は成長しますが、よりボリュームが出てしまい、理想の小尻からは遠のいてしまいます…

 

お尻の筋肉を”縮める”トレーニングとは、クラムシェルやヒップリフト、ヒップスラストのような種目です!

 

上のトレーニングは、伸び切っている筋肉に正しい張力を取り戻す為に、効果的な種目となります。

 

併せて、負荷設定にも気を付けましょう。

 

よくトレーニング回数の目安として言われる、10回がギリギリできるような、強い負荷をかければ良い。というわけではありません。

 

ある程度回数のできる負荷〈15〜20回〉で、反復して行うことが引き締めには効果的です!

 

まとめ

 

【ヒップトレーニング】

 

と検索すると、様々な種目がヒットしますが、理想のお尻に合ったトレーニングを選択しないと、真逆の結果になってしまうことも少なくありません。

 

お尻を鍛えることに間違いは無くとも、筋肉の性質も含めたアプローチがボディメイクの鍵になります!

 

スクワットやランジなどのトレーニングを行ない、筋肉を付けることも必要ではあるので、そのまま筋肉を伸ばした状態でトレーニングを終えないようにしましょう!

 

必ず最後には、収縮系のエクササイズを行って、筋肉をしっかり縮めて終えるようにしてみて下さい。

 

なかなか今の自分のカラダや、理想にあった種目を選択するのは難しいかと思いますので、是非トレーナーにご相談下さい!

 

あなたの理想に近づけるトレーニング種目を提供させていただきます!

 

くびれサーキットトレーナー
清水 幸一郎