BLOG

2020.05.07山戸 勝道

トレーニングを始める時間帯でダイエット効果は変わる?

 

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの山戸です!

 

あなたは日々、仕事に追われていませんか?
積もりに積もったパソコン仕事にどこから手を付けていいのかわからず、気がつけばもう夕方に・・・

 

「そういえば今日、ほとんど動いてない・・・」

 

トイレや昼食ぐらいでは、とても運動したとは言えませんね。

 

それがたまにであればまだ良いのですが、毎日続いてしまえば確実に運動不足に陥ってしまうでしょう。

 

そうなると次に気になるのは体重の増加。

 

基礎代謝が低下しても、食事はしっかり摂りたい方は多いはず。これでは体重が増えてしまうのも無理はありません!

 

この欲求を叶えるために、あなたに残された道は一つ。
そう、筋トレです!

 

しかし筋トレが身体に良いといっても、”いつ”やったら良いのか気になりますよね?

 

今日はトレーニング時間によるダイエット効果の違いについてお話いていきましょう。

 

トレーニングするなら午前中がベスト

 

結論から言うと、あなたがトレーニングを始めたいのであれば”午前中”がベストです。

 

午前中に運動を行うことで脳も身体もシャキッと目覚め、ダイエットに必要な基礎代謝が向上するだけでなく、仕事への集中力も向上することが分かっています。

 

午前中の予定に【トレーニング】と書き込みたくなってきましたか?

 

それではもう少し話を掘り下げていきましょう。

 

よりダイエット効果が高まるのは、朝食と昼食のちょうど中間。
9~11時と言われています。

 

当然ライフスタイルは人それぞれですので一概には言えませんが、朝食から2時間後、昼食の2時間前がねらい目なのです。

 

太陽の動きのように身体にはリズムがあり、このリズムを調整しているのが他でもない交感神経と副交感神経です。

 

先ほどご紹介した時間帯がちょうど、身体をリラックス状態にしてくれる副交感神経から身体を活発にしてくれる交感神経へとスイッチが切り替わるタイミングと言われています。

 

つまり、午前中に運動を行うことで交感神経へのスイッチが入りやすくなるのです!

 

せっかく運動するなら、より効率の良い時間帯を狙いたいですよね。

 

夜はダメ?

 

ヒトは本来、日中を活動的に過ごし、夜は身体を休めるようにできています。

 

つまり夜は軽めのストレッチやウォーキング程度が良いのです。

 

そこで激しい運動を行ってしまうと、身体へのダメージが蓄積したまま回復が遅れ、ダイエット効果どころでは無くなってしまうことも。

 

しかし夜のトレーニングに全く効果がないという訳ではありませんので安心してください。

 

寝る直前でさえなければ、トレーニングを反復して行うことで身体は順応し、筋肉量増加や体脂肪・体重の減少の効果を実感することができます。

 

無理のないトレーニングプランを

 

いかがでしたか?

 

もしトレーニングを行う時間帯を決めかねているのであれば、1日のリズムを整え、ダイエット効果の高い午前中をぜひ狙ってみてくださいね!

 

くびれサーキットトレーナー
山戸勝道