くびれサーキット 20分で体を鍛える

広島市中区基町に2019年9月オープン!
お手軽価格で1日通い放題!〈20分筋トレジム〉くびれサーキット

BLOG

2020.05.13清水 幸一郎

【大根足卒業】足首〜ふくらはぎスッキリエクササイズ

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの清水です!

 

ゴールデンウィークが明け、かなり気温が上がってきましたね。

 

薄着になる季節がやって参りました!

 

いつも夏になってから、やっておけば良かった…

 

と後悔しているあなた!

 

今年こそは、引き締まったカラダで夏を迎えましょう!

 

今日のターゲットは【足首〜ふくらはぎ】です。

 

スカートを履くお仕事の方などは、普段からも気になっているのではないでしょうか?

 

大根足をキュッと引き締めるエクササイズをご紹介致します!

 

なぜ大根足になってしまうのか

 

膝下から足首まで、メリハリがなく、ズドーンと太くなってしまっているのには、理由があります。

 

外国の方のふくらはぎを見たことがありますか?

 

適度にボリュームがあり、ふくらはぎの筋肉の位置自体が高い印象を受けます。

 

 

 

ふくらはぎには、かかとを引き上げるために働く、二つの大きな筋肉があります。

 

○腓腹筋

 

 

○ヒラメ筋

 

 

形を見ても分かる通り、大根足になっている方は、”ヒラメ筋”が発達しすぎているケースがとても多いです。

 

この二つの筋肉は重なっており、腓腹筋の裏にヒラメ筋があります。

 

横から見ると分かるのですが、ヒラメ筋は膝下からかかとにかけて付着しており、腓腹筋は膝上からかかとにかけて付着しています。

 

 

膝が曲がった状態で、かかとを上げる動作でヒラメ筋が働きます。

 

もも裏が硬かったり、重心が下がっていたり、ヒールを履く機会が多いと、膝は曲がりやすく、大根足へ…

 

膝上から付着している、腓腹筋を鍛えることで、足首〜ふくらはぎをスッキリさせることができます!

 

オススメエクササイズ

 

壁にもたれかかった状態で、足を30cm程度壁から離します。

 

背中を滑らせるように、かかとを高く引き上げましょう!

 

ポイント

1.腰が前に出ない

 

2.膝が曲がらない

 

3.足裏の外側に体重が乗らない

 

カラダが真っ直ぐな状態で、かかとを高く引き上げることで、腓腹筋を鍛えることができます!

 

20回×3セット行ってみましょう!

普段の生活でも意識が大切

 

エクササイズを行い、腓腹筋を鍛えることで、普段の生活でも、働きやすい状態にすることができますが、プラスアルファで重心を引き上げる意識を持つことが大切です!

 

お仕事などで、座り姿勢が長い方などは特に、立った際の重心が下に下がりがちで、まっすぐ立っているつもりでも、膝が曲がってしまっているケースが多いです。

 

上でも説明したように、膝が曲がるとヒラメ筋が優位に働いてしまいます…

 

頭が上から紐でつられているような意識を持ち、重心を高くキープしましょう!

 

ストレッチやほぐしもいいけど…

 

もちろん使いすぎている、ヒラメ筋のストレッチやほぐしを取り入れることは大切です!

 

しかし、多くの方は、お風呂上がりなどに、ふくらはぎ全体をマッサージしていませんか?

 

引き締めるためには、筋肉を働かせる必要があります。

 

ほぐしていくと、使いづらい状態を作ってしまい、脚やせとは逆効果になるケースも…

 

むくみが気になる場合も、筋力不足で血流が滞っているので、ほぐしても根本の解決にはなりません…

 

是非エクササイズを行い、腓腹筋を鍛えて、普段の重心も意識をすることで、大根足から卒業しましょう!

 

夏はもうすぐそこまで来ていますよー!

 

一緒に頑張りましょう♫

 

くびれサーキットトレーナー
清水 幸一郎