BLOG

2020.06.20上原 道矢

【衝撃】タンパク質を多く摂取するべき意外な理由

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの上原です!

 

「タンパク質はたくさん摂ろう!」ということは様々なところで言われているので、あなたも意識的にタンパク質を摂取しようとしていると思います。

 

そんなあなたに質問です。
「なぜタンパク質をたくさん摂る必要があるのでしょうか?」

 

この問いに0秒で答えられなかった方は、この記事は役に立つでしょう。

 

タンパク質を多く摂取するべき理由を知り、今後の食生活に活かしてください。

 

タンパク質を多く摂取するべき意外な理由

 

ここではタンパク質な基本的な働きに関しては明記しません。

 

気になる方は、【重要】五大栄養素の働きから考える「肥満」になる理由【デブ解消】を確認してください。

 

タンパク質を多く摂取すべき意外な理由は、「総摂取カロリーが減るから」です。
言い換えると、食べ過ぎを防ぐことができるというわけですね。

 

これは2013年に過去38のデータを調べたメタ分析で分かっていることで、この研究では「タンパク質の摂取量が増えれば増えるほど、総摂取カロリー数が減る」という結論が出ています。

 

理想的なタンパク質の摂取量

 

タンパク質を多く摂取した方が良いとは言え、あまりにも多く摂るのはオススメできません。
なぜなら、全体的な栄養素のバランスが崩れるからです。

 

どんなダイエットをするにしても、炭水化物、脂質、タンパク質のバランス(俗にPFCバランス呼ぶ)が重要になります。
※PFCバランスについても、【重要】五大栄養素の働きから考える「肥満」になる理由【デブ解消】で解説しているので、こちらをチェックしてください。

 

実は、理想的なタンパク質の摂取量も分かっています。

シドニー大学が行った研究によって、タンパク質が総摂取カロリーの15~25%の時、最も空腹感が一定であることが分かったのです。

 

摂りすぎや不足を防ぐ方法

 

タンパク質を摂りすぎることはあまりないですが、今一度ご自身の食生活を振り返ってみてください。

1回の食事で40g以上のタンパク質を摂取し、かつ間食でプロテインなどのタンパク質を含んだものを摂取していない限りは大丈夫です。

 

では、タンパク質の不足を防ぐためにはどうすれば良いでしょうか?

 

最もオススメなのが、「プロテインを飲むこと」です。
女性に敬遠されがちなプロテインですが、飲んだら筋肉モリモリになるものではないので、水を飲む感覚で飲みましょう。

 

結論:食事前にプロテインを飲もう

 

プロテインを食事前に飲むことで、タンパク質の確保と食べ過ぎを防ぐことができます。
まさに一石二鳥ですね。

 

ただ、プロテインばかりに頼って食事でタンパク質がないのも問題です。
あくまでもタンパク質は食事から摂ることを念頭に置いた上で、プロテインを摂取してください。

 

オススメは、不足しがちな朝にプロテインを飲み、栄養素が偏りがちなランチの後の間食に飲むことです。

 

意識的にタンパク質を摂取をし、理想の体型に近づけていきましょう!

 

 

くびれサーキットトレーナー 上原道矢