BLOG

2020.06.23上原 道矢

お菓子を食べたくなる人の3つの特徴

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの上原です!

 

いきなり質問ですが、「お菓子好きですか?」

 

僕はお菓子大好き人間なのですが、それをお客様に話すと「トレーナーの方でもお菓子食べるんですね!」って結構な頻度で驚かれます。

 

ただお菓子と言っても、何でもかんでも食べているわけではないので、そこは理解しておいて下さい。

 

おそらくこの世の99%の人はお菓子が好きだと思うので、今回は「お菓子を食べたくなる人の特徴」について解説していきます。

 

お菓子は善か悪か?

 

お菓子って基本的に悪い物とされていることが多いですが、本当にそうでしょうか?

 

「お菓子は太るから悪だ!」という人もいれば、「ある程度のお菓子なら運動してチャラになるし大丈夫!」という人もいます。

 

どちらも言っていることは正しく、一概に「こっちがダメ」とは言えません。
だって僕もお菓子食べてますからね。笑

 

ただ当たり前ですが、お菓子は食べすぎると太ります。
そしてカロリーバランスが悪くなるため、ホルモンが上手く分泌されず『らしさ』が失われます。

 

「食べ過ぎは悪だけど、程よくなら善。」というのが僕の意見です。

 

お菓子を食べたくなる人の特徴

 

では、お菓子を猛烈に食べたくなる人ってどんな特徴があるのでしょうか。

 

その原因はおおよそ以下の3つに集約されます。

①食事のバランスが悪い
②生活習慣が悪い
③「お菓子はダメ」と我慢している

それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

特徴①:食事のバランスが悪い

 

普段の食事バランスが悪いと、甘いものや塩っけのあるものが欲しくなります。

 

【衝撃】タンパク質を多く摂取するべき意外な理由でも書きましたが、タンパク質が不足していると食欲が増します。

お菓子が欲しくなる回数が多いという方は、普段の食生活を見直してみて下さい。

 

特徴②:生活習慣が悪い

 

あなたは自分の生活習慣が良いと自信を持って言えますか?
おそらく言えない方が多いと思います。

 

生活習慣が悪いと様々な影響を及ぼします。

 

【事実】太る原因は「睡眠の質」にある【対処法も解説します】でも書いていますが、特に睡眠は重要です。

 

多くの方が睡眠時間が足りず、また睡眠の質が悪い状態です。
これでは食生活が荒れてしまうのも無理がありません。

・決まった時間に寝て、決まった時間に起きる
・寝る前はスマホを触らない
・夜ご飯は早めに摂り、大量に食べない
・最低でも週に2回は運動する

上記は健康的な体を目指している人なら、必ずやるべきことです。

 

特徴③:「お菓子はダメ」と我慢している

 

「お菓子の食べ過ぎは良くない」と言いましたが、禁止するのはもっとよくありません。
なぜなら、人間は禁止されるとそれを破りたくなるからです。

 

これは「カリギュラ効果」とも呼ばれ、誰しもが経験したことがある心理学のテクニックです。

 

例えば、「男性の方は絶対に見ないで下さい!」と書いてあるYouTubeの動画を見たり、「絶対に開けないで下さい!」と言われた箱を開けたり(パンドラの箱みたいな感じ)した経験があると思います。

 

絶対にダメと思い込んでいる時ほど破りたくなってしまうので、禁止するのはやめましょう。

 

お菓子を食べ過ぎないようにするテクニック

 

では最後に、お菓子の食べ過ぎを防ぐテクニックを紹介します。

 

それは、「週に1回チートデイを作る」です。

チートデイとは、食事制限を一旦無視して好きなものを食べる方法のことです。

このチートデイには賛否両論ありますが、禁止してどか食いするよりは効果が良いでしょう。

 

つまり、週に1回は好きなだけお菓子を食べて良いよって感じにするということです。

 

ただ、これをしたからと言ってそれ以外の日のお菓子欲がなくなるわけではありません。
ここで使えるテクニックが「if-thenプランニング」です。

 

if-thenプランニングは心理学の世界で提唱されたテクニックで、「もし〇〇が起きたら××する」といったことを、あらかじめ決めておく計画術です。

 

「もし平日にお菓子を食べたくなったらプロテインを飲む」といったことをあらかじめ書いておくことで、仮にそれが起きたとしてもストレスなく対処することができます。

 

少し長くなりましたが、本記事で書いてあることを意識すれば無理せずお菓子の食べ過ぎを防ぐことができるので、ぜひ実践してください!

 

 

くびれサーキットトレーナー 上原道矢