BLOG

2020.06.24山戸 勝道

ダイエットが成功すると肌も綺麗になる

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの山戸です!

 

『最近肌荒れが酷くなった』
『シミが目立ってきた』
『肌のくすみをなんとかしたい・・・』

 

このように、多くの女性にとって綺麗な肌を手に入れたいものですよね?

 

つまり肌トラブルを抱えている方は非常に多く、あなたもきっとその一人なのではないでしょうか。

 

肌トラブルといえば、改善するためにまず何をするのか。

 

恐らく多くの方々は市販されるスキンケアアイテムを駆使し、芸能人などのインフルエンサーが使っているものを買って試していることでしょう。

 

勿論これは間違いではなく、肌トラブルを解決する大切な手段として必要です。

 

しかし、あくまでも対症療法に過ぎないということを忘れてはいけません。

 

肌を根本から悪化させる原因は”糖質”にありました。

 

そこで今回は肥満が招く肌トラブルについて掘り下げていきましょう!

 

糖化って何?

『糖質を摂り過ぎると肥満になる』

 

様々なテレビ番組だけでなく、インターネットやSNSが普及した今現在では当たり前の情報として誰もが知っていることです。
(※その情報を有効利用するかどうかは本人次第ですが・・・)

 

しかしながら、表面的すぎる情報は誤解を招いてしまうのです。

 

その一つが【糖化】です。

 

糖質を摂ると血糖値の上昇が起こり、インスリンの作用によってエネルギー源(グリコーゲン)と体脂肪に変換されて体内に貯蔵されます。

 

しかし糖質の過剰摂取によって血糖値の高い状態が長く続くと、糖質は皮膚を構成するタンパク質の成分と結合してしまうのです。

 

タンパク質は糖質と結合することで細胞自体の柔軟性が著しく低下する特徴があり、これが肌を劣化させる原因となります。

 

肌の弾力やハリ感、みずみずしさを保つのは、皮膚表面を構成するタンパク質の一種あるコラーゲンやヒアルロン酸である。

このように皮膚を構成するコラーゲンやヒアルロン酸などが糖質と結合することで、肌のくすみやシミが現れるという訳ですね。

 

糖化を食い止めるには?

 

食べ過ぎの影響が肌にまで現れるとなると、体形の改善を目的としたダイエットだけでは収まりません。

 

「チョコレートなどの脂質を摂り過ぎてニキビができた・・・」

 

という一時的な問題ではないのです。

 

細胞のターンオーバー周期は約28日(4週間)と言われています。
※年齢によって異なります。

 

つまり今の肌は4週間以上前にできたものであり、文字通り細胞レベルに刻まれた情報を表しているだけなのです。

 

そこで、

 

①長期的な食生活の改善

 

②定期的な運動習慣による細胞の活性化

 

この2つが肌の糖化を防ぎ、あなたを悩ます肌トラブルを改善する道筋となるはずです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今日食べた食事によって、明日以降のあなたの身体が作られます。

 

つまり食べたものによって身体の環境は大きく変化するため、綺麗になるためには身体作りの基本である食事から目を背けることはできません。

 

快適な食事と適度な運動によって体質改善を始めてみませんか?

 

くびれサーキットトレーナー
山戸勝道