BLOG

2020.07.07清水 幸一郎

1キロ減量でも凄い!

 

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの清水です!

 

ダイエットを始める際は、それぞれに目標を設定すると思います。

 

○3ヶ月でマイナス5キロ!

 

○ウエストマイナス10センチ!

 

○くびれを作る!

 

などなど、数字や見た目で、目に見えてわかる変化を設定するかと思います。

 

しかし、その設定が高すぎると必ず挫折します。

 

良い意味で、自分に優しくできないと、継続してダイエットを続けていくことは難しいです。

 

今回は気持ちの持ち方について、解説していきます。

1キロ減量は大変なこと

 

目標設定が高いほど、日々の成果に厳しくなりがちで、その結果にメンタルが左右されやすくなってしまいます。

 

大きな目標はあっても、それまでの過程の小さな目標を大事にしましょう。

 

たった1キロ、されど1キロです。

1キロでも減った事は、凄いことです!

 

脂肪を1キロ落とすには、

7200キロカロリーを消費する必要があります。

 

フルマラソンを走っても、2500キロカロリーしか消費しません。

 

日々の摂取カロリーと消費カロリーのバランスを意識して、1キロでも落とせたことは誇れることです!

 

1ヶ月に1キロでも、半年で6キロ、1年で12キロも減量出来ます!
1キロ痩せたことに

自信を持ってください。

自分を褒める

 

ストイックになればなるほど、そのパターンが崩れた時の、自分へ
の落胆が激しくなります。

 

その結果、暴飲暴食…

 

ダイエットは、また何ヶ月後から別の形で再開されるでしょう。

 

徹底的にやるのは、もちろん良いことですが、その過程の中で、自分を褒めることも忘れないようにしましょう。

 

頑張っていることを一番理解しているのは自分です。

 

成果が出たなら、ご褒美のお菓子を食べても良いと思います。

 

しかし、その頻度は、最低でも1週間に1回にしましょう。

 

週に2.3回となると、もうダイエットをしているとは言えない状況です。

 

ダイエットは辛い

 

ダイエットを行うと必ず、我慢することと、今まで以上に頑張らないといけないことが増えます。

 

しんどいことです。

 

気持ちは満たされないし、
すぐに成果が目に見えて出るわけではないの
に、頑張らないといけません。

 

だからこそ、続けれる形を探しましょう。

 

意思が弱いなら、ある程度拘束力のある、パーソナルトレーニングを。

 

時間が無いなら、短時間でも追い込めるくびれサーキットのようなサーキットジムを。

どうしても食べたいなら、それ以上の運動を。

 

それぞれに合った形で良いので、自分にフィットするダイエットを探すことが最も重要です。

 

まとめ

 

失敗せずダイエットを行うには、続けれることを考えてみましょう。

 

続かなければ絶対に痩せません。

サーキットトレーニングは、時間も短く

 

オススメです!

 

是非体験にお越しください!

 

くびれサーキットトレーナー

清水 幸一郎