BLOG

2020.08.08上原 道矢

【危険】太る人の食事の仕方Top3【今すぐ辞めよう】

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの上原です!

 

ダイエットの超基本ルールは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスなわけですが、実は食事の仕方によっても太るんですね。

 

今回はそんな「食事の仕方」に焦点を当てて、やっているなら今すぐ辞めるべき食べ方について解説します。

 

太る人の食事の仕方Top3

 

結論、太る人の食事の仕方は以下の通りです。

第3位:寝る直前に食べる
第2位:テレビやスマホを見ながら食べる
第1位:早食い

それぞれについて解説していきます。

 

第3位:寝る直前に食べる

 

これは言うまでもないと思いますが、寝る直前に食べると消化できていない状態で寝ることになります。

 

実際にハーバード大学の研究でも、以下のことが分かっています。

・太った人ほど寝る直前に大量の食事をする傾向があった
・痩せた人ほど夕食から数時間後に寝る傾向があった
・遅くに食事をする人ほど睡眠の量が少なかった

ここは深掘りしませんが、基本的に寝る直前に食事をするのはNGということを頭に入れておいて下さい。

 

夕食のタイミングに関しては、【疑問】寝るどのくらい前に食事を済ませるのが良いのか?で詳しく解説しています。

 

第2位:テレビやスマホを見ながら食べる

 

これは該当する方も多いと思いますが、実はテレビやスマホを見ながら食事をすると太りやすいことがバーミンガム大学の研究に分かっています。

研究内容39人の女性を以下の3つのグループに分ける。
①スマホでゲームをしつつ食事をする(集中レベル低)
②ボードゲームをしつつ食事をする(集中レベル中)
③ひたすら食事に集中する(集中レベル高)
そしてその後、全員がどれだけ間食をしたかを調べた。

その結果、以下のことが分かりました。

・スマホでゲームをしたグループは、食事に集中したグループよりもお菓子を69%多く食べた
・ボードゲームをしたグループは、食事に集中したグループよりもお菓子を28%多く食べた

食事をする時は食事に集中する。
当たり前のことですが、これが基本的な食事の仕方です。

 

第1位:早食い

 

これもよく聞く話ですが、「早食いの人はゆっくり食べる人に比べて2.15倍肥満になりやすい」ということが、九州大学の研究によって分かっています。

この研究は過去23のデータをまとめたメタ分析なので、割と信ぴょう性は高いと言えます。

実は早食いが太りやすさに繋がる理由については、明確には分かっていません。
しかし、これだけのデータがあると早食いが肥満につながることは明白なので、やはりよく噛んで食べることが大切ですと言えるでしょう。

 

食事中は食事に集中し、よく噛んで食べる

 

まとめると、食事をする時は食事に集中し、よく噛んで食べるということが大切だということです。
これを意識するだけでも、肥満のリスクはかなり下げられます。

 

もし1つでも当てはまっていた方は、ぜひこの機会に改善していただければと思います。

 

 

くびれサーキットトレーナー 上原道矢