BLOG

2020.09.06中村 謙太

「肉を食べる=太る」って本当なの?

 

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの中村です。

 

今回は「肉」について取り上げてみたいと思います。

 

育ち盛りの男子なら誰しも喜ぶであろう、焼肉やステーキ。

 

しかし痩せたい人からすると、何かと太りそうな気がする肉料理。

 

ダイエット中には、そんな肉料理を避けている方が多いのではないでしょうか?

 

ところが単純に肉料理を避けるといった行動は、ダイエットのためにも美容のためにも、間違った行動かもしれませんよ。

 

実はダイエットを成功させる為には、肉はとても大切な食材との認識が徐々に広まりつつあるんです。

 

今回は、ダイエットを成功させるための肉の取り入れ方と、そのメリットについてご紹介していきます。

 

■ダイエット中に肉を食べるメリット

 

■肉の脂質は、肌の潤いのためにも重要

 

■「L-カルチニン」によって脂肪の燃焼効果が高まる

■野菜中心のダイエットより断然有利

 

■ダイエットにおすすめの肉とは

 

■ダイエット中の肉の食べ方とは

 

■おいしい食事でたのしく痩せよう!

 

■まとめ

 

■ダイエット中に肉を食べるメリット

 

脂質やカロリーが気になって、ダイエット中は敬遠しがちの肉類。

 

しかし、肉には生物が生命を維持するために必要な栄養素が、思いのほか含まれています。

 

その栄養素の代表的なものが「たんぱく質」。

 

肉類にはたんぱく質が多く含まれているため、筋肉量を増やしたり維持できたりするといわれます。

 

よくあることなのですが、ダイエット中に陥りがちなのが、過度な食事制限による筋肉量の減少です。

 

カロリーを気にしすぎた食事や、極端に食事の量を減らすことによって、体重自体は目に見えて落ちてくると思います。

 

しかし、過度な食事制限で体重が落ちるメカニズムは、ただ筋肉量が減って痩せたと錯覚するだけなのです。

 

数値上は体重が減ると思いますが、体重が減った割にはスタイルが改善できていないことが多いかと思います。

 

また、自覚症状として疲れやすさを感じることが増えてきます。

 

それは一番減らしたい余分な脂肪は、食事制限をするだけでは思ったほど減らないからです。

 

食事制限を行うことでまず最初に減ってくるのは、筋肉でその後に脂肪が減ってきます。

 

体重を減らすだけで痩せた体は、筋肉が減って脂肪がそのまま残っているので、メリハリがなく美しいスタイルからは、かけ離れてしまいます。

 

筋肉ばかり減って脂肪ばかりの身体がスタイル抜群とは言えないのは、容易に想像がつきますよね!

 

この状態になると、せっかく減った体重もリバウンドで元に戻りやすく以前よりも体重が増えやすくなるので、一時的効果が得られる以外にはメリットがほぼ望めません。

 

むしろ、メリットを上回るデメリットが、身体を内側から蝕んでいく可能性が高まります。

 

■肉の脂質は、肌の潤いのためにも重要

 

脂質はダイエットの敵のように思われがちですが、ダイエット中であっても脂質は適度に摂取する必要があります。

 

生物にとって不要な栄養素は、無いと言っても過言ではありません。

 

不要なものは、そもそも「毒物」と考えて差し支えないですし、そういったものは基本的に体内で無害化処理できたり、体外に排出する仕組みがきちんと備わっているはずです。

 

ただしどんな有用なものでも、過剰摂取は禁物です。

 

過剰摂取や未知のものは、対処しきれずに、体調を崩す原因になったり、命を失う原因にもなり得ます。

 

何事もバランスが大切で、適正摂取量というものがあります。

 

ダイエット中は嫌われがちな脂質摂取が不十分になってくると、特に女性にとってスタイルと同じくらい大事な「美肌」から遠ざかってしまいます。

 

脂質制限を行い過ぎると肌にも影響してしまうのは、肌の潤いを保つために食事で脂質を摂取することがとても重要だからです。

 

いくらスキンケアで外側からケアをしても、潤いの元になるものが体内に無ければキレイな肌は手に入らず維持も困難ですよね。

 

■「L-カルチニン」によって脂肪の燃焼効果が高まる

 

実は肉に含まれる成分によって、脂肪燃焼効果も期待できます。

 

肉に含まれる「L-カルチニン」という成分は、脂質のエネルギー代謝を助けてくれるダイエットには欠かせない栄養素と言われています。

 

肉を食べながら痩せられるというメカニズムのひとつに、この成分が関与してきます。

 

肉を食べて運動することで筋肉量を適正に増やし基礎代謝を上げていくことで太りにくい体質を手に入れ、「L-カルチニン」の効果で脂肪代謝も向上すれば、太りにくく痩せやすくなりそうですよね。

 

このように肉は思った以上に、ダイエットにとっても女性の美のためにも優秀な食材なのです。

 

ちなみにL-カルニチンは、サプリメントとしても販売されていますよ。

 

くびれサーキットでも販売中です。

 

■野菜中心のダイエットより断然有利

 

多くの野菜はカロリーが低くダイエットに必須の食物繊維も摂れるため、野菜をダイエットに取り入れる方は多いと思います。

 

もちろんダイエットにも、体の健康のためにも野菜はたくさん摂取すべき食材です。

 

食物繊維以外にも、ビタミン類も豊富なのでバランスよく食すのはとても重要です。

 

しかし、野菜中心になりすぎて夕食がサラダだけ、なんていうダイエットは体に必要な栄養バランスも残念ながら崩れやすくなってしまいます。

 

肉をきちんと食べることで、たんぱく質はもちろんのこと、ビタミンも摂取できてしまいます。

 

もちろん肉に偏り過ぎるのもお勧めできません。

 

人間は雑食動物と言えます。

 

一部の例外を除いて、肉も魚も野菜もバランスよく食べることで、体調が整うようにできています。

 

私たちは牛やウサギのような、草食動物ではありませんからね。

 

野菜をたくさん食べるだけでなく肉も一緒に食べることで、より効率のいい食事になるのではないでしょうか。

 

「何事もほどほどに、バランス良く」

 

やっぱり、これが一番大切だと思います。

 

どんなに良いといわれることも程度が過ぎるとマイナスになってしまう、そんなこともありますからね。

■ダイエットにおすすめの肉とは

 

私たちが普段手にしやすい肉として、豚肉、牛肉、鶏肉と種類はさまざまありますが、ダイエットに取り組む上ではどの肉が一番効果的・効率的なのかと迷いますよね。

 

基本的にどの種類の肉も栄養たっぷりで、ダイエットにも健康維持のためにもおすすめです。

 

肉の種類よりも重要なのは脂質のバランスをとることです。

 

肉が良いからといって、サシのしっかり入った霜降り牛肉を沢山食べればいいという話ではありません。

 

昨日の夜は、霜降りの焼肉をたくさん食べたから今日は鶏のムネ肉や赤身を食べよう、といった感じでバランスをとりましょう。

 

何事も偏りすぎず、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

また、調理法にもちょっと気を付けてみてください。

 

脂質の多い食材も蒸し料理にすることで、さっぱりした味わいに変わりますし、脂質の少ない食材は低温調理をすることで、パサつきを抑え食感を変えることが可能です。

 

ちょっとした工夫で食べやすさも変わりますよ!

■ダイエット中の肉の食べ方とは

 

肉をダイエットに取り入れる上でちょっとだけ気をつけたいのが、脂質の多い肉を食べるときは糖質を少し控えるということです。

 

焼肉やステーキを食べるとき、白ご飯がいつも以上に進みますよね。

 

その気持ちはとても共感できます。

 

だって最高の組み合わせですもんね!

 

肉料理のなかでも焼肉やステーキは脂質多めでタレもたっぷりつけて食べてしまいますよね。

 

そりゃ白いご飯もすすみますよ。

 

しかし脂質の多い肉とタレの組み合わせは、ご飯といっしょに食べると必要以上のカロリーを摂取してしまい、体内でエネルギーとして消費しきれずに脂肪にも変わりやすくなってしまいます。

 

焼肉に行くときなどはご飯の代わりに野菜をたっぷり食べて、ヘルシーな肉料理のときはご飯もいっしょに食べてOKというように、ここでもバランスを考えることがおすすめです。

 

■おいしい食事でたのしく痩せよう!

 

今回は、ダイエットをするうえで肉を取り入れるメリットやそのメカニズムについて、ご紹介させていただきました。

 

しかし、忘れてはならないのが「バランスを大切に」ということです。

 

食べる量や、何を一緒に食べるのかをきちんと意識しましょう。

 

そして、食事全体のバランスがダイエットでは重要なポイントになります。

 

肉だけに偏り過ぎるのではなく、そのぶん野菜はもちろんのこと、炭水化物も適度にきちんと食べましょう。

 

美しく痩せるには、栄養をバランスよく摂れる食事が必須です。

 

みなさんも肉をうまく取り入れて、ダイエットに臨んでください!

 

■まとめ

 

結論として、ダイエットのために肉は必需品だと考えています。

 

そして、「肉を食べる=太る」ということは無い、と考えて差し支えありません。

 

もしかしたら、脂質の多い肉を食べてまくって太った、という情報が誤って広まってしまったのかもしれません。

 

霜降り肉は美味しいですからね!

 

一言で肉といっても、脂質の多い肉もあれば、赤身のように脂質の少ない肉もあります。

 

そして脂質も完全悪ではなく、美肌のためにも健康のためにも必要なものです。

 

あとは肉も魚も野菜も、色々な食材をバランスよく食べることですね。

 

やっぱり、「何事もバランス良く」に尽きる気がします。

 

色々な部分をバランスよく鍛え、色々な食材をバランスよく食べて、理想のボディメイクを目指しましょう!

 

くびれサーキットトレーナー
中村謙太