BLOG

2020.09.24松浦 加奈

糖質との付き合い方

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの松浦です。

 

糖質はダイエットの敵でしょうか??

糖質制限というワードをよく耳にしますが、こちらの言葉が先行して流行し、【糖質=太る】という認識の方が多いようです。
今回は、糖質について考えたいと思います。

 

糖質とは

炭水化物(糖質)は、人間の脳、筋肉のエネルギー源として使い、たんぱく質、脂質とともに3大栄養素といわれ、身体の主要となりとても大切な栄養素の一つです。

 

糖質を制限するリスク

元々糖質制限は糖尿病患者など、血糖値に異常のある方へ向けて発案されたものです。
間違えた糖質制限で起こるリスクとはなんでしょう?

 

筋肉も一緒に減る

糖質を制限することで、確かに体重は減ります。
しかし問題は、何が減ったのかということ。

 

1番減って欲しいのはもちろん脂肪ですが、実は糖質を制限しただけでは脂肪だけを減らすことは出来ません。

大切な筋肉までも一緒に落ちてしまっているのです。
からだへの糖質摂取を一気にゼロにしてしまうと、脂肪よりも先に、筋肉を削って糖質を補うのです。

 

これを繰り返す事により、脂肪は減らず、筋肉だけが削られて、代謝が低下してしまい、結果逆に太りやすい体質になってしまいます。

 

疲労が溜まりやすくなる

ダイエット以外にも、脳に栄養が届かず、集中力が続かなくなったり、肝臓機能が低下する、疲労がたまりやすくなると言った症状の原因ともなるのです。

 

糖質摂取のメリット

嫌われがちな炭水化物ですが、実は筋肉トレーニングにおいても、とても重要な栄養素なのです。

 

トレーニング時に体内でエネルギーとして主に使われているのが、炭水化物です!

 

そしてタンパク質と一緒にバランスよく摂ることで、よりトレーニングの効果を期待できます。

 

炭水化物が不足している状態だと、体内のタンパク質を分解することでエネルギーが作り出されます!

 

タンパク質は筋肉を作るための材料として使われるので、筋肉が合成されにくくなってしまいます。

 

トレーニングに必要なパワーを発揮するためにはエネルギー源が十分であることが大切なポイント!

 

トレーニング効果を上げる方法としては、トレーニングを行う約1時間前までに糖質を含んでいるおにぎりなどを摂ると、必要なエネルギーを高めておくことが期待できます。
スタミナが持続しやすく、トレーニングも行いやすくなります!

 

もちろん過剰摂取は良くない

しかし、炭水化物の過剰摂取は血糖値を上げてしまうのは確かです。
量とタイミングを調整することは、もちろん必要です。
ここでお伝えしたいのは極端にゼロにしてはいけないということ!

身体作りのためのエネルギー、栄養素がそれぞれバランス良く整うことで健康的な身体作りを行う事ができます。

 

まとめ

美しく健康に痩せる為にも上手く糖質を取り入れる事がリバウンドしにくい食事管理のポイントです!

 

“一生続けられる食事管理”

コロナウイルスの影響で、外食する機会も減った方が多いと思います。
しかし、ピンチはチャンス。

外食がなかなか出来ない今、ご自身の食生活を見直すチャンスです!

 

お食事で不安な点やご質問などございましたら、是非スタッフにお声かけください。

 

お家でできることから始めていきましょう。

 

くびれサーキットトレーナー
松浦加奈