くびれサーキット 20分で体を鍛える

広島市中区基町に2019年9月オープン!
お手軽価格で1日通い放題!〈20分筋トレジム〉くびれサーキット

BLOG

2021.04.28清水 幸一郎

短期間で痩せたい方へ

 

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの清水です!

 

「これのトレーニングをすれば3ヶ月で痩せる!」

 

「これを食べれば1ヶ月で痩せる!!」

 

短期間で痩せれるほど、魅力的に感じたあなたは、【太りやすい身体】を作ってしまう悪循環にハマっていきます。

 

毎食の栄養バランスを気にして、習慣的に運動を行える、時間と心に余裕があれば、短期間でも身体は変わります。

 

しかし、その余裕が無いから短期間で痩せたいと思ってますよね。

 

考えを改めましょう。

 

脂肪が減るスピードを知る

 

脂肪はとても効率の良いエネルギー源です。

 

油物のカロリーを見れば分かると思いますが、少ない量でもたくさんのカロリーになります。

 

カロリーとは熱量のことで、その食材がどれだけのエネルギーになってくれるかを表していると思って下さい。

 

あなたの身体は何キロカロリーでしょうか?

 

脂肪は1キロ9,000キロカロリーです。

 

それをエネルギーとして使うには、水分などを除いた7,200キロカロリーを消費する必要があります。

 

生きていく上での貯蓄としては効率が良い反面、痩せたい人には大きなハードルになります。

 

7,200キロカロリーを消費するには、フルマラソンを3回程度走る必要があります。

 

そんなに運動出来ますか?

 

体重が減ったら脂肪が減っているという錯覚

 

「やったー!一週間で1キロ減ったー!」

 

 

1キロ減った体重のうち脂肪はどれくらいでしょうか?

 

一週間でフルマラソン3回走りましたか?

 

 

最近のダイエット法の風潮的に、運動をせず、食事制限のみでダイエットを行なっている場合、多くの方が糖質をカットすると思います。

 

 

お米や麺類は食べずに、おかず中心で野菜も食べて…

 

糖質は身体に入ると、糖質1 : 水分3 のセットで貯蔵されます。

 

糖質を摂取しないということは、水分が身体から抜けていきます。

 

 

脂肪を燃やすエネルギー源(糖質)を抜いているのに、体重が減っているということは、水が抜けていっているということになります。

 

糖質制限で体重が落ちやすいのは、このことが大きな要因です。

 

 

脂肪を燃やす機関はどこ?

 

脂肪を燃焼してくれるのは筋肉です。

 

脳からエネルギーを作るよう指令が出たら、身体に貯蓄した脂肪は分解され、血液中を流れて筋肉に運ばれます。

 

そこでエネルギーとして活用されることで、ようやく脂肪は減っていきます。

 

あなたにはその脂肪燃焼機関がたくさんありますか?

 

 

食事制限のみのダイエットを続けるほど、エネルギーは不足し、脂肪では賄えない部分の栄養素を作り出す際に筋肉が分解されて、エネルギーになってしまいます。

 

筋肉が減っていくほど、脂肪は燃焼できなくなります。

まとめ

 

そろそろ重い腰を上げて運動を始めないと、美味しいものを我慢し続ける生活になってしまいますよ。

 

筋トレしましょう。

 

くびれサーキットトレーナー
清水 幸一郎