くびれサーキット 20分で体を鍛える

広島市中区基町に2019年9月オープン!
お手軽価格で1日通い放題!〈20分筋トレジム〉くびれサーキット

BLOG

2021.04.30上原 道矢

筋トレしているのに朝ごはん食べてない?それはアカンですよ…

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの上原です!

 

先日、トレーニー向けの記事を書きました。
【重要】筋トレをしている人が朝ごはんを意識するべき3つの理由文字

 

あなたは朝ごはんを食べていますか?
もしかすると、朝ごはんの内容が悪いせいで、ボディメイクができていないかもしれません。

 

ということで、「トレーニングを頑張っているけど成果が出ない…」という方向けに、筋トレと朝ごはんの関係性について解説していきます。

 

筋トレしている人が朝ごはんを食べるべき理由

筋トレしている人が、なぜ朝ごはんを食べるべきか?
答えは、以下の3つです。

①タンパク質が枯渇しているから
②筋トレ後の効果が無駄になるから
③体内時計がリセットされるから

それぞれ、簡単に説明していきます。

 

①タンパク質が枯渇しているから

寝ている間にタンパク質が筋肉や皮膚などを構成しているため、起きたらタンパク質が枯渇しています。

 

この状態のままスタートすると、筋肉はどんどん分解されていきます。
当たり前ですが、これでは理想の体には近づけません。むしろ、離れていきます。

 

時間がない方は、プロテインを活用して、最低でも20g以上のタンパク質を補給しておきましょう。

 

関連記事
【有料級】プロテインを朝と寝る前に飲むべき理由【注意点も解説】

 

②筋トレ後の効果が無駄になるから

「筋トレ後の30分はゴールデンタイム」というのは、耳にしたことがある方が多いですよね。
これは合っているには合っていますが、少し認識が間違っています。

 

確かに筋トレ30分後が最もタンパク質の吸収率が良くなります。
ですが、吸収率が良くなるタイミングは、筋トレ24時間後まで続くんです。

 

どのタイミングで筋トレをしても、朝ごはんのタイミングは必ずきますよね。
つまり、朝ごはんを摂らないということは、筋肉を作れないということなんです。

 

③体内時計がリセットされるから

睡眠中は寝ていて、体内時計が少し狂っています。
この状態を、起きてから光を浴びたり、朝ごはんを食べたりすることでリセットさせます。

 

また、脳に栄養分を補給する意味でも、朝ごはんは大切です。
もちろん食べすぎれば集中力は落ちますが、タンパク質を中心とした食事をしたほうが、集中力は高まります。

 

朝ごはんを上手く活用しよう!

最近は断食が流行っていて、朝ごはんを食べない方が多いですよね。
それで、理想の体に近づいているならOKですが、そうではないなら朝ごはんを食べるべきです。

 

女性がダイエットするなら、朝−昼−夕のご飯のタイミングを6時間ずつ空けるのが理想です。
このタイミングで食事をして途中でお腹が空いたら、プロテインなどを活用しましょう。

 

こうすることで一日の生産性を上げつつ、理想の体に近づくことができます。
朝ごはんを食べていない方は、ぜひ意識してみてください。

 

くびれサーキットトレーナー 上原道矢