BLOG

2019.10.24上原 道矢

筋肉痛がきたらトレーニングは避けた方が良いのか?

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの上原です!

 

 

くびれサーキットにくるお客様の中には、筋肉痛が残っている状態でお越しになる方がいます。

 

そしてよく聞かれるのが、「筋肉痛がある時はトレーニングは避けた方が良いですか?」ということです。

 

この問いに答える前に、筋肉痛が起こる仕組みについて軽く解説しますね。

 

昔は筋肉痛が起こる原因として「乳酸が溜まること」が挙げられていましたが、最近では「筋繊維を修復する時に起こる痛み」という説が濃厚になっています。

 

そしてこれは「超回復」と呼ばれる、筋肉を大きくするための過程で起こるものなのです。

(超回復には約48~72時間かかると言われています。)

 

ですので、筋肉痛がある場合はその場所は使わない方が良いと言えるでしょう。

 

くびれサーキットでは7つのプログラムをご用意しているため、筋肉痛がある場合でもその部位を使わずトレーニングを行うことができます。

 

これがマシントレーニングの良いところであり、弊社の強みでもあります。

 

『トレーニングをしたい!』という気持ちは大切ですが、目的に沿って正しいトレーニング頻度を心がけましょう!

 

 

くびれサーキットトレーナー 上原道矢