くびれサーキット 20分で体を鍛える

広島市中区基町に2019年9月オープン!
お手軽価格で1日通い放題!〈20分筋トレジム〉くびれサーキット

BLOG

2021.06.02檜皮  啓介

知っておきたい!背中の構造!

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの檜皮です!

 

外を出歩くと、必ず目にするのは人の背中です。

最近はコロナ禍で、外を歩くことがめっきり減りましたが…。

 

きれいな人の背中はどのようになっているのでしょうか。

本日は、「背中の構造」についてお伝えできればと思います。

 

背中の構造

背中を知るキーワードとして、肩甲骨、広背筋、僧帽筋、褐色脂肪細胞があります。

皆様もどこかで聞いたことがあるかと思います。

 

このキーワードについてみて行きましょう。

 

【肩甲骨】
背中の上部を左右に挟んだ別名「天使の羽」。

胴体と腕を繋いでおり、固まって動きが悪くなると、首、肩、背中の凝りを招きます。

また血流も悪くなり、様々な不調を引き起こす原因になります。

 

【広背筋】
上半身では一番大きいアウターマッスルです。

背中の最も表層にあり、広い範囲を走行しています。

この広背筋を集中的に鍛えることで、引き締まった美しい背中を手に入れることができます。

【僧帽筋】
後頭部から胸部の背面にかけてある大きなアウターマッスルです。

肩を上げたり、すくめたり、肩甲骨を寄せるなどのときに使われます。

 

動かずに凝り固まってしまうことで、肩こりなどの不調を招きます。

 

【褐色脂肪細胞】
脂肪分解し、熱を産生することで体温の調節をする細胞で、肩甲骨周りに多く存在しています。

寒いと熱を発するために活性化され、代謝が上がりますが、肩甲骨周りを動かすことでも刺激できます。

 

まとめ

トレーニングをすでに行っている方、これからトレーニングをしようかと考えられている方、トレーニングをするときは構造を理解して行うと効果が上がります。

 

意識することが大事です。

背中を鍛えるときは、これらのことをイメージしてトレーニングを行ってみて下さい。

 

くびれサーキットで皆様のご来店をお待ちしております。

 

くびれサーキットトレーナー
檜皮 啓介