くびれサーキット 20分で体を鍛える

広島市中区基町に2019年9月オープン!
お手軽価格で1日通い放題!〈20分筋トレジム〉くびれサーキット

BLOG

2020.06.01山戸 勝道

ダイエット成功の秘訣は自己肯定感を高めること

 

広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの山戸です!

 

ダイエットに挑戦するために必要な準備って何なのでしょうか?

 

思い立ったが吉日ということで、トレーニングジムの体験予約を取ったり、通販のダイエットグッズを購入したり、まずは行動することが大切ですよね。

 

しかしそれ以外にも必要なことは自己肯定感かもしれませんよ?

 

「自分を変えたい」と思ってるけど途中で諦めてしまう、そんな方は必見です。

 

自己肯定感とは?

 

そもそも自己肯定感とは何なのか?

 

何となく言葉は知っていても、具体的な内容まで把握している方は意外と少ないようです。

 

そこで一度整理しておきましょう。

 

自己肯定感とは、自らの在り方・存在価値を肯定できる感情を意味する。特に「自分自身のことが好き(自己受容)であること」「自分自身を大切にしていること(自己尊重)」が自己肯定感の定義として知られている。
∇自己肯定感【出典Wikipediaより】https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%82%AF%E5%AE%9A%E6%84%9F

このように、自分がどうなりたいか?そのためには何をすべきなのか?という強い意志を持つためにも自己肯定感が大切なのです。

疑心暗鬼になりやすい

 

自己肯定感が低いことで生じてしまう問題が疑心暗鬼です。

 

「本当に効果があるのかな?」
「私には向いてないからやるだけムダなのかも・・・」

 

勿論本当に良い商品やサービスであることが大前提ですが、このように疑ってしまえば、当然取り組み方にも差が生まれてしまいます。

 

これでは期待される効果も出ないことも頷けます。

 

そして”効果が無かった”という結果だけが浮き彫りとなり、再び疑心暗鬼となってしまうのです。

 

疑心暗鬼になってしまえば、あなたは”今の姿(=太っている)”から変わりたいと思っているのに、そのうち”今の姿が自分には合ってる”と思い込んでしまいます。

 

つまり『自分は太った姿がふさわしい』と”今の姿”を正当化してしまうのです。

 

このように自己肯定感の低下が招く疑心暗鬼が、あなたが一生懸命ダイエットをしなくて良い理由を作り上げてしまうのです。

自己肯定感を高めるには

 

他人の評価を気にするあまり、どんどんあなたの自己肯定感は低下してしまいます。

 

自分の行動を決めるのは決して他人なんかではなく、あなた自身なのです。

 

そこで取り入れて欲しい自己肯定感を高める方法は【現状を受け入れ、失敗を否定しないこと】です。

 

自己肯定感が低下してしまう考え方の特徴は、『自分はダイエットに失敗するダメな人間』と思い込み、思考停止してしまうことです。

 

何をするにしても、完璧に遂行できる方はいません。

 

必ず失敗はあるのです。

 

『失敗して止める』という短絡的な考え方をやめ、『なぜ失敗したのか?』を考え活かし、違う方法をチャレンジしていきましょう!

 

くびれサーキットトレーナー
山戸勝道