BLOG

2020.07.06上原 道矢

ダイエット(減量)を始める前にまずやってほしい5つのこと

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの上原です!

 

今回は、ダイエット及び減量をしようと思っている方向けに、「まずはこれをやりましょう」ってことについて解説します。

 

この5つのことができていないのにダイエットをするのは、レベル1のピカチュウでレベル99のミュウツーに挑むくらい無謀です。

 

ぜひ、自分の習慣と照らし合わせながら読んでみてください。

 

ダイエット(減量)を始める前にやるべき5つのこと

 

結論、ダイエットや減量を始める前にやるべき5つのことは以下の通りです。

①睡眠時間を十分に取る
②食事はよく噛んで食べる
③1日1.5ℓの水を飲む
④最低でも週に2回は運動する
⑤目的をハッキリさせる

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

①睡眠時間を十分に取る

 

これは僕のブログでは何度も言っていることですが、睡眠の質が悪いとどう頑張っても思う結果は得られません。

 

この辺については、【事実】太る原因は「睡眠の質」にある【対処法も解説します】で詳しく解説しているので、気になる方はどうぞ。

 

最低な睡眠時間は人によって違うので一概には言えませんが、最低でも7時間は寝るのが望ましいということを頭に入れておいてください。

 

②食事はよく噛んで食べる

 

「早食いは太る」というのは聞いたことがあると思います。

 

これは科学的にも証明されており、九州大学が過去23の論文をまとめたメタ分析では「早食いの人はゆっくり食べる人にくらべて2.15倍肥満になりやすい」という結論が出ています。

他にも、「早食いの人は7年内に4.5kg太る」「早食いの人は、ゆっくり食べる人にくらべて8年内に1.1kgほど太りやすい」といった結果が出ているので、早食いが太りやすいのは間違いありません。

 

早食いで太る理由は明確ではないものの、現時点で最も信ぴょう性の高い説が「ヒスタミンの働きが減る」です。

ヒスタミンは神経伝達物質として働き、ヒスタミンが作用しないことで体脂肪の燃焼が減ると言われている。

何はともあれ、早食いの人が太るのは間違いないので、よく噛んでゆっくり噛んで食べましょう。

 

③1日1.5ℓの水を飲む

 

水は最強のダイエット飲料です。
しかも無料なので、やらない手はありません。

 

しかし、多くの人がそこまでの水を飲めていません。
もしかすると、水のメリットについて理解していないだけかもしれませんね。

 

意外と知らない水のメリット3選【かなり重要です】で、99%の人が知らない水のメリットについて解説しました。

 

これを読めば、あなたも水を飲みたくなりますよ。

 

④最低でも週に2回は運動する

 

厚生労働省が提唱している運動習慣がある人は、「週に2回、30分以上の運動をする人」です。

 

これできていますか?
もしできていないのであれば、とりあえずウォーキングから始めてみてください。

 

何もしていない人が運動を始めれば、多少の振れ幅はありますが体重は減少していくので、とりあえず運動をすることが大切ですね。

 

⑤目的をハッキリさせる

 

【重要】ダイエットを失敗する人にありがちなたった1つのことでも書きましたが、ダイエットに失敗する人って、目的が曖昧なことが多いんですよね。

 

例えば、「5kg痩せたい!」という目的があったとします。

 

ですが、これだけではダイエットに成功する確率は限りなくゼロに近いです。
なぜなら、目的が曖昧だからです。

 

もっと深掘りしてみると、「何のために痩せたいのか?」「5kg痩せた先にどうなりたいのか?」「どうやって5kg痩せようと思っているのか?」などの疑問点が浮かんできます。

 

そして、これらの質問にすべて明確に答えられない場合、ほぼ確実に途中でモチベーションが下がって挫折します。

 

受験勉強などが分かりやすい例で、「〇〇大学に入りたい!」よりも「これを達成するために〇〇大学に入りたい!」という目的がある方が、モチベーションが長続きしますよね。

 

ダイエットや減量の目的は人それぞれなので、僕がどうこういう筋合いはないですが、目的の部分は明確にしておいた方が良いですよ。

 

とりあえず生活習慣を見直す

 

まとめると、「とりあえず生活習慣を見直しましょう!」ってことです。

 

  • 時間がないからといっていつも早食いする人
  • 仕事が忙しいからといって睡眠時間が短い人
  • 周りの人の体重に合わせてただ体重を落としたいだけの人
  • 何かと理由をつけて運動をしない人

 

とりあえずここに書いてあることだけはやってください。
そうすれば、今より確実に体が変わります。

 

ダイエットや減量はその後で大丈夫です。

 

「まずは土台を作りましょう!」って感じで、今回の記事は締めます。

 

 

くびれサーキットトレーナー 上原道矢