くびれサーキット 20分で体を鍛える

広島市中区基町に2019年9月オープン!
お手軽価格で1日通い放題!〈20分筋トレジム〉くびれサーキット

BLOG

2020.08.05上原 道矢

基礎代謝以下のカロリー摂取しかしていないのに痩せない3つの理由

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの上原です!

 

ダイエットの黄金ルールである、消費カロリーと摂取カロリーのバランス。

 

摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくすれば痩せていくわけですが、実は基礎代謝以下のカロリーしか摂取していなくても、痩せない場合もあります。

 

今回は、そんな方向けに「なぜ摂取カロリーを減らしても痩せないのか」について解説していきます。

 

基礎代謝以下のカロリー摂取しかしていないのに痩せない3つの理由

 

基礎代謝以下のカロリー摂取でも痩せない理由は、以下の3つです。

①カロリー制限で体が飢餓モードになっている
②水分の摂取量が足りない
③実はカロリーを結構摂取している

それぞれについて解説していきます。

 

①カロリー制限で体が飢餓モードになっている

 

カロリー制限をすることで、体は代謝を落として飢餓モードに切り替えます。

飢餓モードは、カロリー制限が長く続いたときに起こると言われている現象で、主に「カロリー制限が続いて痩せにくくなった状態」のことを指す。

このモードになると、脂肪が落ちにくくなり、筋肉の分解のほうが優位になってしまいます。

①最初の1カ月ぐらいは順調に体重が落ちていく
②だんだんとホルモンと筋肉が減って代謝が落ちる
③体が1日に1,500Kcalしか燃やさないようになる
④脂肪が落ちにくくなる

イメージとしては上記の流れで、この状態で食事量を増やすとリバウンドしてしまうわけです。

 

これがよくあるダイエットがリバウンドする理由でもあります。

 

②水分の摂取量が足りない

 

脂肪の代謝には水分が必要です。

 

実際に2003年の論文でも、脱水が続くと脂肪の燃焼度が落ちることが分かっています。
反対に、グラス2杯の水をのむだけで代謝が3割もアップするとのことで、水の効果は侮れません。

 

意外と知らない水のメリット3選【かなり重要です】でも書いたように、水には他にもメリットがあるので意識的に摂取したいですね。

 

③実はカロリーを結構摂取している

これは意外な答えかもしれませんが、実はカロリーを摂取しているパターンが割と多くあります。

 

実際に、2012年にセントルークス・ルーズベルト病院が行った実験では、「自分は1日に1,200kcalも食べてない」と思っていた被験者の摂取と消費のカロリーを調べてみると、以下のことが分かったのです。

・自分が思っていたより平均で47%も摂取カロリーが多かった
・被験者は、平均で51%も運動の消費カロリーを多めに見積もっていた

このような状況は意外と多くあるので、摂取も消費カロリーも少しきつめに計算するのが良いですね。

 

カロリーばかりを気にするのはオススメではない

 

確かに痩せるためにはカロリーのバランスが大切なのですが、理由①でも述べたように、過度なカロリー制限は体が飢餓モードに入ってしまいます。
また、単にカロリーと言っても「質」もかなり影響するので、そういった意味でもカロリーばかりを気にするのはオススメできません。

 

それよりも、「バランスの良い食事をする」「しっかり寝る」といったことを改善するほうが大切です。

 

まずはご自身の生活習慣を見直してみて下さい。

 

 

くびれサーキットトレーナー 上原道矢