BLOG

2020.09.17上原 道矢

【雑談】居酒屋では何を頼めば良いのか問題

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの上原です!

 

少し前にお客様から「居酒屋に行ったら何を食べれば良いのですか?」という質問を頂いたので、今回はそれについて書いていきます。

 

前提として、基本的に外食は控えたほうが良いということは頭に入れておいて下さいね。

 

居酒屋で頼むべきメニュー

 

結論、以下のメニューがオススメです。

・枝豆
・刺身
・サラダ(温サラダが理想)
・だし巻き卵
・冷奴
・焼き鳥(塩)
・ローストビーフ

ザ・健康的!って感じですが、やはりこの辺りが理想ですね。

 

居酒屋のメニュー選びのポイント

 

もう少し深掘りして、選ぶ時のポイントを解説します。

 

主には、以下の3つに気をつけると良いでしょう。

①タンパク質は必ず確保する
②お酒を飲む前に食物繊維を摂取する
③シメやデザートは基本的になし

それぞれのポイントについて解説していきます。

 

ポイント①:タンパク質は必ず確保する

 

居酒屋での食事はカロリーが多くなりがちなので、食事後もカロリーを消費するようにタンパク質を多く摂取しましょう。

これには、食事をした後に安静にしていても代謝量が増大するDIT(食事性熱産生)と呼ばれるものが関係する。

後は全体的な摂取カロリーを抑えることができるので、意識して摂ることをオススメします。
関連記事:【衝撃】タンパク質を多く摂取するべき意外な理由

 

ポイント②:お酒を飲む前に食物繊維を摂取する

 

食物繊維は第六の栄養素とも言われ、ダイエッターには欠かせない栄養素です。

 

お酒の前に食物繊維を摂取することで、強力なバリアとなり、アルコールの吸収から内臓を守ってくれます。

・腸内環境が良くなる
・肥満防止になる
・コレステロール値を低下させる
・病気の予防になる

また、食物繊維には上記のような効果があることがこれまでの研究によって分かっているので、意識して摂取しましょう。
関連記事:【重要】意外と知らない食物繊維の効果とオススメの食品

 

ポイント③:シメやデザートは基本的になし

 

これは当然と言えば当然ですが、シメやデザートは基本NGです。

 

そもそも外食に行っている時点でだいぶアウトなので、そこからさらにカロリーを摂取していると肥満への道まっしぐらです…

 

仮にどうしても食べたいのであれば、フルーツを軽く食べるくらいにしましょう。

 

二日酔いを防ぐための豆知識

 

これは余談ですが、二日酔いを防ぐためには「お酒を飲む前に脂質を含んだ食を食べる」のが効果的です。

 

そうすることで脂質が肝臓をコーティングしてくれるため、お酒による悪影響を最小限に止めることができます。
居酒屋に行くとお通しでマヨポテが出てくることがあると思いますが、これは理に適っていると言えますね。

 

もちろん、フライドポテトや唐揚げを食べるのは良くありませんのでご注意を。

 

 

くびれサーキットトレーナー 上原道矢