BLOG

2020.10.27檜皮  啓介

運動を生活の一部に!〜運動の開始時期〜

こんにちは、広島市中区の20分筋トレジム、くびれサーキットトレーナーの檜皮です!

 

早速ですが運動は何歳から始めたらいいでしょうか?

 

「私はまだ若いから大丈夫。」
「年齢的にそろそろ始めたほうがいいかな。」
「肩や腰に痛みが出てきたから運動をしないといけない(医師に運動をすすめられた)。」

 

等等…思いは様々だと思います。

 

では一体いつが正解なのでしょうか?

 

人間の筋細胞は20歳から後退を始める

早ければ早い方が良いです。

 

人間の身体は20歳を境に細胞の成長が止まり後退が始まると言われています。

 

知らず知らずのうちに筋力の低下が始まっているのです。

 

ですが日常生活に支障が無いため気にせず過ごしており、症状が出たときには大変は身体状態に陥っています。

この表のように、人は誰でも年齢と共に筋肉を構成する筋繊維数が減少して、さらに筋繊維が萎縮してしまうことにより、筋肉量が低下します。

 

年齢による筋変化は、筋繊維そのものの変化よりも、筋肉量の低下が目立ちます。筋力低下の本質は筋の萎縮によるもののなのです。

 

成人における筋肉の重量は、体重のおよそ40%と言われています。

 

もちろん個人差はありますが、20歳頃の筋肉量を基準に考えると70歳くらいでは男女ともに30%の低下があると言われています。

 

10年間でおよそ6%ずつ低下している計算になります。

フレイルやサルコペニアについて

フレイルやサルコペニアという言葉をお聞きしたことはありますか?

 

フレイルとは『加齢に伴う身体の予備能力が低下して健康障害を起こしやすくなった状態』、サルコペニアとは『加齢に伴って生じる骨格筋量と骨格筋力の低下』です。

 

このような言葉が出てきている時点で日常生活に置いて運動の重要性が示唆されています。

 

運動を始める時期

運動は気付いたときから始めましょう!

今からでも遅くありません。運動効果は身体に蓄積します。

 

運動を行なっている期間は身体に反映され生活を豊かにします。年齢を重ねれば重ねただけ実感していくと思います。

 

また、継続していくことが大事になります。運動を始めた時期とその運動を行なっている期間が身体に継続効果を与えていきます。

 

最初は10分〜20分の少ない時間でいいです。

 

それを2日に1回等の期間で定期的に行なっていくと、今まで蓄積した時間が貴方の運動財産になるでしょう。

 

まとめ

これは私の経験なのですが、私は以前整形外科に8年間勤務しておりました。

 

そこでは、20代から80代90代の方まで、頚部、肩関節、腰部や膝関節の痛みで受診されておりました。

 

全ての方がという訳ではではありませんが、大体の方が全身の筋力低下による姿勢維持困難、それに伴う一部分への過負荷による負担で、その負荷が加わっている場所の痛みを訴えておりました。

 

現代社会では、大半の方が運動を行うのは学生の頃の体育の授業で終わっていると思います。

 

また、社会人になり、デスクワークや自動車の普及で運動する機会は大幅に減少しています。

 

運動をしていなければ全身の筋力低下がリアルタイムで起きていることは当たり前のことです。

 

いつまでも身体が自分の思うままに動く訳ではありません。

 

久々に歩いたら歩くのがこんなにしんどかったかなと思う事、ペットボトルのキャップを開けるのがこんなに固かったかなと思うことはありませんか?

 

どんな些細な気付きでもいいです。

その気付きが身体能力の低下の始まりだと思います。

 

先ずはご自身の身体の状態を自身で知る、向き合うことが理想のボディメイクへの近道だと思います。

 

もし何から始めたらいいか分からなければ一度くびれサーキットにおこし下さい。専門のトレーナーが丁寧に相談・提案させていただきます。

 

皆様のご来店を楽しみにお待ちしております。

 

くびれサーキットトレーナー
檜皮 啓介